房総里見一族 - 川名登

房総里見一族

Add: obecis67 - Date: 2020-11-22 14:28:25 - Views: 8301 - Clicks: 8494

房総里見一族 - 川名登 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 房総里見一族 フォーマット: 図書 責任表示: 川名登著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 新人物往来社, 1983. 里見氏(さとみし)は、房総地方を領した戦国大名。本姓は源氏。家系は源義重を祖とする新田氏の庶宗家。 里見氏の起こり 里見氏は贈鎮守府将軍・新田義重の庶長子・新田義俊(里見太郎)を初代とし、別名「大新田」氏ともいう。. -- 新人物往来社, 1983. 房総里見一族 / 川名登著||ボウソウ サトミ. 【商品説明】 中古品です。経年によるヤケスレあります。 表紙見開きページに、作者手紙の貼り付けありますし、裏表紙見開きページ蔵印あります。 本文中は、書き込みありません。 『里見義堯』 なお、完品ではありませんので、ご了承の上写真を参照しご入札下さいませ。 お決まりのNCNR. Pontaポイント使えます! | 房総里見一族 | 川名登 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 房総里見一族 - 川名登のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 Pontaポイントもつかえて、お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!.

里見家分限帳集成 : 附、安房国四郡御検地高目録帳・安房国寺社領帳. 美濃里見氏(みのさとみし)は、里見義成の四男・義直が承久の乱後に美濃国円教寺の地頭となり、同地に移住したことに始まる(『尊卑分脈』)。 南北朝時代、里見義宗は北朝方について所領を得たが、観応の擾乱で足利直義に味方し没落した。 安房里見氏初代・里見義実の出自については、美濃里見氏の系統とする関連付けの説もある。. Amazonで川名 登の房総里見一族。アマゾンならポイント還元本が多数。川名 登作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また房総里見一族もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. 川名登【著】 新人物往来社 /03/15出版 260p 19cm(B6) 増補改訂版 ISBN:NDC:288. ^ 川名登『増補改訂版 房総里見一族』新人物往来社、年、214頁。 ^ 高田 1980, pp.

Amazonで川名 登の房総里見一族 (1983年)。アマゾンならポイント還元本が多数。川名 登作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 川名登 新人物往来社 1983/11出版 234p 20cm ISBN:NDC:210. 川名登とは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。.

川名 登(かわな のぼる、1934年 6月13日 - 年 6月11日 )は、日本の経済史学者、河川水運史研究者、千葉経済大学名誉教授。. 『房総 里見一族』 川名 登: 新人物往来社 『菊池一族』 阿蘇品保夫: 新人物往来社 『新田一族の盛衰』 久保田順一: あかぎ出版 『家系図から読みとる日本史』 須藤公博: 駿台曜曜社 『徳川慶喜家にようこそ わが家に伝わる愛すべき「最後の将軍」の横顔』. 本文書集は、房総という以上に東国社会で室町時代から戦国時代に掛けて活躍した里見氏当主・一族の発給・受給文書(一部金 が大きい。 いま改め自治体史編纂事業がすすめられたこともあるが、先学大野太平・川名登氏などの研究や近年の中世東国史. 新人物往来社,. すべてわかる戦国大名里見氏の歴史 - 川名登 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が. ボウソウ サトミ イチゾク. 47 &92;2,000 (税込&92;2,200). 里見氏は新田氏の庶宗家であり、「大新田」氏とも呼ばれた。鎌倉時代には御家人として将軍に近侍し、鎌倉時代末の動乱では惣領家の新田義貞と行動をともにした。南北朝期には一族も分かれ、南朝方・北朝方に別れて戦った。 安房里見氏の家伝では、里見氏の嫡流である里見義実が安房に入国したとされるが、系譜関係は定かではない。安房里見氏は戦国大名として成長して房総に割拠し、江戸時代初頭には安房一国を治める館山藩主となったが、1614年に里見忠義の代で改易された。 このほか、鎌倉時代から室町時代にかけて諸国に分かれた里見氏がある。出羽里見氏、美濃里見氏、越後里見氏、榛名里見氏(仁田山里見氏)などである。.

平成23年9月11日(日)、館山市中央公民館第1集会室で、里見氏稲村城跡を保存する会が主催した講演会「里見氏研究のあゆみ」が開催されました。 この講演会は、今年の6月に逝去された千葉経済大学名誉教授の川名登先生への追悼をこめて、行われました。川名先生は、『房総里見一族』の. 11 形態: 234p ; 20cm 著者名: 川名, 登(1934-) 書誌ID: BN06887499. 鎌倉時代になると、義俊の長子里見義成が源頼朝に仕えて御家人となった。義成は頼朝に重用され、頼朝の死後も代々の将軍に近侍した。 鎌倉時代末の里見義胤(義俊の6世の孫)は、本宗家の新田氏と共に倒幕軍に参加。新田義貞に随行し、鎌倉攻めに加わり功を挙げ、戦後越後国の守護代に任ぜられた。南北朝の動乱では南朝方に従っていたものの、宗家が没落すると一族の中に北朝側に参加する者が現れた。室町幕府に従って美濃国に所領を得た里見義宗もそのひとりである。義宗は観応の擾乱で足利直義に従ったが、直義は敗北して美濃里見氏は所領を失い、没落した。 その後、鎌倉公方足利満兼に召しだされて常陸国に所領を得た人物に、里見家兼がいる。家兼の子の里見家基は、足利持氏に奉公衆として仕えた。家基は、上野国・常陸国などに所領を与えられていた。しかし永享の乱で家兼が自害、続いて結城合戦で家基・家氏父子が討たれ、上野里見氏嫡流はここで断絶した。 家基のもうひとりの子とされる義実は安房国に落ち延び、のちに安房里見氏の祖となったとされている。だが、近年において、義実(あるいは家兼)を旧来の伝承による上野里見氏嫡流ではなく、美濃里見氏.

房総里見一族. 年9月10日 閲覧。 ^ a b “「宝林寺開闢450年祭」 ともし火を未来へ”. 3 増補版 史料選書 1. 『房総 里見一族 増補改訂版』 川名登 新人物往来社 です。そもそも里見家はどこから来たのかと言うと、あくまでも伝説ですが、源氏から出たとされ、あの徳川家の主張と同じ新田氏にさかのぼると言いますが、これは眉唾物でしょう。. 里見義堯 家臣 正木時茂正木憲時正木時忠正木時通正木頼忠土岐為頼酒井敏房秋元義久安西実元多賀高明加藤信景など参考文献川名登『房総里見一族』新人物往来社、年(原著1983年)、増補改訂版。. See full list on sub-asate.

安房里見氏(あわさとみし)は、戦国時代に安房国を掌握、房総半島に勢力を拡大し、戦国大名化した氏族である。「関東副帥」(関東管領の異称)もしくは「関東副将軍」を自称した。 安房里見氏初代・里見義実は、結城合戦で討死した里見家基の子息とされる人物で、安房国に移り安西氏を追放して領主となったとされる(里見義実の安房入国伝説)。しかし、義実の出自や安房入国の経緯についての詳細は不明である。同時代史料で確認ができないことから、安房里見氏の系譜上で初代とされる義実、2代とされる成義を架空の人物とする説もある。天文の内訌の経緯や第二次国府台合戦の状況など、江戸時代に記された軍記物の記載を土台としていた従来説は、近年の史料発掘と研究の進展にしたがって大きな疑義が示されており、再検討が行われている注釈 2。. 書名: 房総里見一族 増補改訂版: シリーズ: 著者: 川名 登 著: 発行元: 新人物往来社: 出版年: /02: 判: ページ: 260: 六一id. 3 &92;2,800 (税込&92;3,080). 今年の6月、『房総里見一族』の著者である千葉経済大学名誉教授の川名登先生が逝去されました。 稲村城跡保存運動にもご尽力された故川名登先生への追悼をこめ、 里見氏稲村城跡を保存する会 が主催し、講演会「里見氏研究のあゆみ」が開催されます。 講演会「里見氏研究のあゆみ」~川. 川名 登『房総里見一族』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 02 Tuesday; 04:32 『房総里見一族』の著者、川名登先生は里見の歴史を教えて下さった先生。. 里見氏の通史 『房総里見氏の研究』(大野太平著 宝文堂書店 昭和八年) 『房総通史』(大野太平著 改訂房総叢書刊行会 昭和三四年) 『房総里見一族』(川名登著 新人物往来社 昭和五八年) 『三芳村史』(三芳村 昭和五九年).

川名登 『房総里見一族』(増補改訂版) 新人物往来社、年3月。 ISBN。 毛呂権蔵 国立国会図書館デジタルコレクション 『上野国志』 、 群馬県 世良田村 : 環水堂、1910年9月。. この書誌へのurl:. ^ a b “種姫の碑”. 房総里見一族 - 川名登 『房総里見一族 増補改訂版』(川名登著 新人物往来社 )p222-224 『房総里見氏の研究』(大野太平著 1933凡例. 川名 登『房総里見一族』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 『房総里見一族』 川名登 新人物往来社 『すべてわかる戦国大名里見氏の歴史』 川名登/編 国書刊行会 『日本名字家系大事典』 森岡浩/編 東京堂出版 「美作の三浦氏について」 武田光弘(『姓氏と家紋』第40号所載). 川名 登編『里見家分限帳集成』 評者:遠山成一 「利根川文化研究」34(201l.1) 戦前、大著『房総里見氏の研究』を著した大野太平氏の後、なお伝説の世界にあった房総里見氏に学問的なさらなる光を当てたのが、本書編者の川名登氏であった。.

川名 登『房総里見一族〈増補改訂版〉』新人物往来社、二〇〇 八年 菊井千恵子『家伝史料から見た菊井家と安房里見氏―里見民部少 輔堯次の末裔―』私家版、二〇〇八年.

房総里見一族 - 川名登

email: owulu@gmail.com - phone:(595) 514-9890 x 6090

恐怖の日常 - 村田基 - ローリー フォスター

-> UFOリーディング 地球の近未来を語る - 大川隆法
-> 学園カースト~用務員 下衆山の逆転支配生活~ - 小沢裕樹

房総里見一族 - 川名登 - 君にsay 今村良樹


Sitemap 1

第一次安倍晋三内閣・資料集 - 末次俊之 - 斎藤静敬